成巽閣ヘッダHOMEへ戻る
成巽閣のあらまし成巽閣のみどころ所蔵品展示室展示・催し物お知らせ利用案内お問い合わせ

書見の間


格式のある階下の書院に対して、階上は意匠を凝らした数奇屋風書院の造りです。 書見の間は紫の壁・白群青の天井・鉄砂の床壁・火頭窓・床柱・ギヤマンと小さな 空間を意匠が縦横に飛び交っています。群青の間と続く二室は階上における最も重要な空間でした。

写真の点滅している部分をクリックすると、書見の間の見どころがご覧いただけます。

成巽閣のみどころTOPへ戻る


成巽閣フッタ