成巽閣ヘッダHOMEへ戻る
成巽閣のあらまし成巽閣のみどころ所蔵品展示室展示・催し物お知らせ利用案内お問い合わせ

御所人形 見立て人形 弁慶と牛若
日本は世界でも有数の人形の国です。種類の豊富さ、工芸の質の高さ、そして殆どが今日まで継続している事は他の国には無い事です。江戸時代中期に創られた御所人形は胡粉を何度も塗り重ね、磨いて仕上げます。童形の姿、目元、口元、指先まで豊かな表現力を備えており、優美さ細やかさは数ある日本人形の中で秀逸のものです。みどり子の健やかな成長を願いさまざまなものが創られました。画像は弁慶と牛若に見立てたもので、こうしたものは見立て人形と呼ばれました。

所蔵品展示室TOPへ戻る

成巽閣フッタ