成巽閣ヘッダHOMEへ戻る
成巽閣のあらまし成巽閣のみどころ所蔵品展示室展示・催し物お知らせ利用案内お問い合わせ

赤繻子地花熨斗七宝模様染繍夜衣
赤の繻子地に七宝つなぎの本絞り、匹田鹿子の揃った絞り目が美しく、白抜きも鮮やかで歯切れの良い調和があり、梅に藤、牡丹に菊や花熨斗の繍が施されています。夜衣は寝具として上掛けに用いられました。享保から延享(1730-40年代)のものと思われ、前田家七代宗辰の奥方、常(会津 保科正容の女)の所用と考えられています。

所蔵品展示室TOPへ戻る

成巽閣フッタ